高齢出産 リスク

人工受精について

人工受精について

現代社会は女性の就労率が高く、そのため初産の年齢も上がっています。

35歳を過ぎてから妊娠を考える女性もいるでしょう。

しかし高齢になればなるほど妊娠する確率は低くなります。

そこで高齢出産を成功させる方法として人工受精があります。

これから

・基本説明

・高齢主産に適している理由

・注意点

この3点から人工受精を説明します。


articlbottom

基本説明

人工受精とはあらかじめ夫となる男性の精子をもらい、カテーテルという特殊な管を使用して子宮内に精子を注入する方法です。

主な流れとしてまず検査によって排卵日を予測します。

この時に人によっては排卵誘発剤を使用することがあります。

予測できたらその日に合わせて人工受精の準備をします。

卵子は排卵から24時間しか精子と結合できないので、女性はタイミングを逃さないために定期的に通院します。

あらかじめ提供してもらった精子は感染病のリスクが多少あるため、洗浄をして清潔にします。

そして排卵が確認されると精子を注入します。

人工受精が終了して約14日後に妊娠判定を行い、陽性が出れば妊娠成功です。

費用ですが保険が適用されないので全額自己負担となります。

受診する病院によって費用は異なりますが約2〜3万円です。


articlbottom

高齢主産に適している理由について

なぜ人工受精は高齢出産に適しているのか?

本来ならば自然妊娠が望ましいですが年齢を重ねるごとに生殖器官を含めてあらゆる部分が老化を起こし、自然妊娠できない状態になっているからなんですね。

男性が原因の場合、妊娠するために精子が必要ですが年齢を重ねるごとに精子の質が低下していきます。

そのため性交渉をしても排卵した卵子まで届かないケースが多々あるからなんですね。

次に女性の場合ですが排卵した時に子宮頸管粘液が増加して精子を受け入れやすくしますが、年齢により分泌量が低下してしまうことがあります。

そうなると精子が卵子まで届きません。

それ以外にも精子と卵子が結合しづらい状況が生じることから医療行為によってその手助けをするんですね。

articlbottom

注意点

最後に注意点ですが、これまでの説明を聞くと人工受精すれば妊娠に成功できると考える人もいるでしょう。

残念ながら人工受精の成功率は100%ではありません。

成功率はおよそ10%と言われています。また年齢が高くなるほど成功率は低下します。


articlbottom

人工受精のまとめ

人工受精について

・基本説明

・高齢主産に適している理由

・注意点

この3点から説明しました。

人工受精を失敗した時は精神的ショックを受けることが多いです。

そのため家族のサポートが必要になります。

また病院選びについては安易に決めるのではなく、よく医師と話し合ってから決めるのがよいでしょう。
articlbottom
PageTop