不妊治療は、望む人にとってのかすかな希望

不妊治療は、望む人にとってのかすかな希望

不妊治療は、望む人にとってのかすかな希望


不妊治療は、望む人にとってのかすかな希望

不妊治療の是非について。

自身は、生理不順でして、結婚前には不妊への不安からいわゆるブライダル検診を受けるほど、結婚と子供を持つことはセットで考えていました。

結果としては、何の治療もなく2人の男児をもうけているのですが友人には、結婚して7年経つけど赤ちゃんができない子もいます。

その子は、病院に行くことで完全に希望を絶たれるのがいやでいまだ病院での検診を受けられていないのです。

しかし、いまはお金はかかるとは言え、不妊に悩むほとんどの夫婦に希望を与えてくれるのか不妊治療だとおもっています。

不妊治療の辛さは、本人たちにしか分からないけれど、それでも赤ちゃんを望む夫婦に赤ちゃんを授ける可能性がある不妊治療は、夫婦での協力ができるなら希望の光でしょう。

わたしの友人も、検査していないので、どちらが原因で授からないのか分からないままお姑さんからグチグチ言われ続けているようです。

友人も結婚前から子供をのぞんでいたから、勇気を出してくれさえしたら、授けるかもしれないです。

不妊治療は選択肢に入れてもいいと思います。
articlbottom
PageTop