ないよりはあった方がいい赤ちゃんポスト

ないよりはあった方がいい赤ちゃんポスト

ないよりはあった方がいい赤ちゃんポスト


ないよりはあった方がいい赤ちゃんポスト

妊娠したことがない独身の時は、なんであるのだろうかと思いました。

わざわざ出産してから捨てるのならば最初から子どもを作らないようにすることもできる上に、堕胎手術という選択肢も日本にはあると考えていました。

わが子を捨てられる親なら手術も受け入れられるのではないかなど不思議でしょうがなかったです。

しかし、自分が妊娠出産を経たとこや多くの体験談などを調べていくうちに色々な状況や様々なイレギュラーがあるということを知りました。

子どもを捨てるということは極端ではあると思いますが、そこに考えがいたってしまう人がいるというのは仕方ないのではないかと思います。

本当に捨てるのではなく、一時的に保護するためや子育てのヘルプをだすためにも赤ちゃんポストという存在はあってもいいかなと思います。

私が妊娠中に、子どもを育てられるか不安だと先輩ママさんたちや自分の親に相談するとあっけらかんと『産んだらどうにかなるから大丈夫』と言われました。

たしかに言葉通りにどうにかなったけれど、どうにもならない人もいるだろうなと思いながら慣れない育児をこなしていました。

それは産んでみないと分からない部分が大きかったからです。

無理やり育児をすることで子どもにいいのかどうか、親と共倒れするくらいなら…。

赤ちゃんポストを利用する親や育児している人は本当にどうしようもなかったのだろうなと感じます。

親に何か思うよりも子どもが助かって良かったなと思っています。
articlbottom
PageTop