高齢出産 リスク

なぜ年齢とともに出産率は低下するのか?

なぜ年齢とともに出産率は低下するのか?

「20代から30代までは仕事に集中して40代になったら子供を作る」、「子供は近い将来でいい」、「まだ夫婦2人だけでいい」と考えている女性もいるでしょう。

はっきり言って40代になったらスムーズに妊娠できる確率は低下します。

その理由は年齢とともに自然妊娠率が低下するからです。

実際の数値を見ると25歳〜35歳までが成功率25%〜30%であるのに対して35歳になると18%に低下します。

さらに40歳だと5%、45歳を過ぎると1%になってしまいます。

数値からわかるように45歳を過ぎると自然妊娠はほぼ不可能と考えていいでしょう。

なぜ低下するのか?

・性交渉の積極性
・女性ホルモンの低下

この2つの理由から詳しく説明します。


articlbottom

性交渉の積極性について

年齢とともに自然妊娠率が低下する理由として、性交渉へ積極性が減っていることが挙げられます。

妊娠するためには毎日性交渉すればよいというわけではありません。

排卵日に合わせて性交渉しなければいけませんが、年齢と重ねていくと体力が低下していき性交渉自体に消極的になってしまうんですね。

上記の通りに35歳以上になると自然妊娠率が著しく低下しますが、その年齢になると夫も体力が低下するだけでなく責任あるポジションに就いており、疲労が蓄積されやすくなってしまうからです。


articlbottom

女性ホルモンの低下

妊娠するためには女性ホルモンの分泌が必要不可欠になります。

妊娠を成功させるには受精卵が子宮の内側にある内膜に着床しなければいけません。

この子宮の内膜は女性ホルモンの分泌により厚くなり着床しやすくなりますが、逆に分泌が少ないと表面に凹凸ができて着床に確率を低くしてしまいます。

この女性ホルモンですが年齢とともに低下していきます。

そのため高齢になればなるほど妊娠率は低下していくんですね。

また妊娠に成功しても胎児を成長するためにも女性ホルモンの分泌が必要です。

しかし分泌量が少ないと流産してしまうんですね。年代別の流産発生率は25歳〜30歳が10%であるのに対して35歳は25%、40歳は40%、45歳は50%になっています。


articlbottom

「なぜ年齢とともに出産率は低下するのか」のまとめ

なぜ年齢とともに出産率は低下するのかについて

・性交渉の積極性

・女性ホルモンの低下

この2つを説明しました。

つまり年齢を重ねるとあらゆる部分で老化が始まってしまうため妊娠率が低下するんですね。

現在日本は晩婚化が進んでおり、初産年齢が上がっています。

またそれに比例して少子化が進んでいる状態です。

もし今後妊娠を考えているのであれば、いつまでに妊娠しなければいけないか計算する必要があります。
articlbottom
PageTop